歯医者さんが教える!新型コロナワクチンと歯の治療|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さんが教える!新型コロナワクチンと歯の治療

投稿日:2021年8月18日

カテゴリ:歯科のコロナウィルス対策

こまい歯科の小泉です。(vol208)

 

Q:新型コロナのワクチンを今度打つんだけど、歯の治療はどうしたらいいですか?

と聞かれることが増えてきました。

A:処置内容とタイミングによって異なりますので場合分けしてお答えします。

(1)ワクチンを打つ前

抜歯、インプラントなど外科手術は、ワクチンを打つ1週間以内は避けましょう。

 

また、中等度から重度の歯周病の方における歯周病治療は、

治療によって出血しますし、痛みや腫れが出る確率もまあまああります。

ある意味で外科的処置に準ずると考えられなくもありません。

ですから同じく避けたほうが無難かもしれませんね。

 

ただ、虫歯治療なら問題ありません。

 

それでも心配な方は、ワクチン接種し終えて副反応が消えるであろう3日後以降から

治療を開始、ないしは再開すると良いでしょう。

 

(2)ワクチンを打った後

ワクチンを打ってから3日間は最も副反応が出やすいようです。

 

そのため、麻酔を伴う処置に限っては摂取後4日目以降に歯の治療をご検討ください。

 

一方で麻酔が不要な処置もあります。その場合は担当医とご相談いただくのが賢明でしょう。

 

*********************************

ワクチン接種が急に決まる場合もあるかと思います。

 

もし急に決まって、歯医者さんのアポイントを入れていた場合は

なるべく早く歯医者さんに連絡してアポイントの変更をされると良いでしょう。

 

世田谷区・千歳烏山でコロナ対策に力を入れている歯医者さん

をお探しの方はこまい歯科までご連絡ください。

トップへ戻る