小児歯科・小児矯正|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

小児歯科・小児矯正

お子さんの将来を考えた小児歯科・小児矯正をご提案しています

小児矯正・小児歯科

こまい歯科では、お子さんの将来をしっかり考慮した予防処置、虫歯治療をはじめ、小児矯正まで幅広い治療を受診可能です。お子さんが歯医者さんを苦手ならないよう、治療時に伴う痛みの軽減や精神的な負担の緩和を心がけ、末永いお付き合いができるよう、お子さんと信頼を築きながら診療を行っております。

歯医者さんを好きになってもらえるように

コミュニケーションを大切にします

コミュニケーション初めて当院にご来院のお子さんにはすぐに治療を始めずに、診療台に座ってもらったり、歯の模型を触ってもらったりなど、環境に慣れてもらうための取り組みを行っています。

さらに、しっかりコミュニケーションを取り、歯科医師との心の距離を近づけ、リラックスした状態で治療に移行して行きます。

痛みに配慮した治療

痛みに配慮歯科治療に伴う痛みによって歯医者さんを嫌いになったりすることのないよう、当院では出来るだけ痛みや恐怖などの心身的負担に配慮した治療を心がけております。

強い痛みを伴う可能性がある場合には、事前に麻酔注射を行い、痛みの緩和を行います。麻酔注射の際にも、痛みを和らげるための工夫をしておりますのでご安心下さい。

痛みに配慮した治療ページへ

親子診療で不安を軽減

親子診療お子さんが治療を受ける時に親御さんにも治療室に同席していただける親子診療を実施しております。近くに居てあげることで、不安や恐怖が緩和され、落ち着いて治療を受けることができます。

親御さんもお子さんのお口の状態を把握する事により、ご自宅での効果的な予防を実践していただけます。

虫歯予防のための3つの対策

TBI(歯磨き指導)

TBI(歯磨き指導)

未成熟なお子さんの歯は、虫歯になりやすいため、日々のケアがとても重要になります。お子さんのお口に適した歯ブラシ選びのポイントをはじめ、一人ひとりの歯並びなども考慮した正しい歯磨き方法の指導、親御さんの仕上げ磨きのアドバイスなどを行っています。

フッ素塗布による歯質の強化

フッ素塗布

お子さんの虫歯予防のために、フッ素塗布を実施しております。フッ素を塗布することにより、歯質の強化、虫歯菌の活動抑制、再石灰化による歯の修復を促進します。現在では、歯磨きなどにも配合されていますが、歯科医院で行うフッ素は濃度が高く、より効果的ですのでおすすめです。

シーラント充填でケアの簡略化

シーラント充填

生えたばかりの永久歯や乳歯の奥歯などは、歯の溝に汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすい傾向があります。シーラントは、歯の小さな溝をフッ素配合のプラスチックで埋めることによって、適切なケアが簡単に行えるようになり、効率的な虫歯予防が可能となります。

口腔内の状態に応じた矯正治療をご提案致します

矯正治療

歯並びの乱れは、土台となる顎骨のサイズと歯のサイズが合っていないことが原因で生じます。そのため、当院の小児矯正治療では、始める時期や口腔内の状態によって「床矯正(顎骨を広げる方法)」と一般的な「ワイヤー(歯並びを整える方法)」を使用した矯正治療を行っています。乳歯が生え変わる時期にはお子さんの成長を利用しながら、床矯正で顎骨を広げ、永久歯の生えてくるスペースを確保します。その後、ワイヤー矯正で適切な位置へと歯を移動させ、全体の歯列を整えて行きます。特徴の違う2つの装置を使いわける事で、負担やリスクなどを抑えたスムーズな歯列矯正が可能となります。

床矯正装置

床矯正装置

乳歯が生え変わる頃に始める床矯正は、成長を利用して顎骨を少しずつ広げ、永久歯が綺麗に生えてくるようにスペースを確保する矯正法です。土台となる顎を広げることにより、その後歯の移動が必要な場合にも、スムーズな矯正が可能となります。

ワイヤー矯正装置

ワイヤー矯正装置

歯の表面にブラケットとワイヤーを取り付けて、適切な位置へ歯を移動し、咬み合わせ、歯並びを整えます。歯列や顎骨の大きさにもよりますが、1~2年程で理想の歯列へと改善が可能です。

こまい歯科が実施した小児矯正治療の症例

こちらでは、こまい歯科で実施した小児矯正の治療症例をご紹介します。

当院が実施した小児矯正治療例:7歳男子(反対咬合・受け口)

①初診時

初診時

受け口になっていると親御さんが心配になり来院されました。上の前2本と下の前4本は永久歯ですが、上の前歯2本が内側に入り込んでしまっています。

②下顎を誘導

下顎を誘導

下顎を誘導すると上下の前歯どうしで接触するのことが分かりました。これは「歯性反対咬合」ならではの特徴です。
※顎骨が原因でなる「骨格性反対咬合」と歯の位置などが原因でなる「歯性反対咬合」があります。

③矯正治療以外で改善にトライ

矯正治療以外で改善にトライ

ご相談の結果、最初はアイスクリームの棒や割り箸で歯を裏側から押していただきました。しかし、うまくいきませんでした。

そこで上の前歯にレジン(歯科用の樹脂)をくっつけて、噛む力を利用して歯の移動を期待しました。

④矯正治療の開始

矯正治療の開始

噛む力での矯正を9か月ほどトライしましたが、残念ながら失敗。

再度ご相談の結果、矯正治療に踏み切りました。写真のように矯正装置を装着します。

⑤矯正治療開始から1ヶ月後

矯正治療開始から1ヶ月後

上と下の装置にご自分で矯正用ゴムを毎日つけていただきます。これにより下の歯が内側に、上の歯が外側に移動しやすくなります。

同時に顎をほんのわずかに回転させます。このメカニズムで反対咬合を治していきます。

⑥矯正治療開始から4ヶ月後

矯正治療開始から4ヶ月後

矯正治療開始から4ヶ月経過しました。写真のとおり、反対咬合が治ったため、矯正装置を取り外しました。

⑦矯正治療終了から1年後

矯正治療終了から1年後

乳歯から永久歯へどんどん生え変わっていっていますが、反対咬合は再発せず、正常な状態です。

⑧矯正治療終了から3年後

矯正治療終了から3年後

永久歯がすべて生え揃いました。同じく反対咬合は再発していません。綺麗な歯列・咬み合わせを維持しています。

⑨矯正治療終了から6年後

矯正治療終了から6年後⑧の時よりも、咬み合わせがより緊密になっていました。初診時は7歳でしたがあっという間に14歳。20歳過ぎまでは油断できませんが、このまま安定してくれればいいなと思っています。

年齢/性別 7歳/男子
治療期間 1年1ヶ月(ブラケット矯正は4か月)
治療回数 24回
治療費 部分矯正/30万円(税別)
リスクなど ・歯磨きが足りないと虫歯や歯肉炎になりやすい。
・歯が動かない場合がごく稀にある。
・反対咬合なので再発するリスクは20歳過ぎくらいまである。

小児矯正治療を受ける際の注意点について

世田谷区千歳烏山にて小児歯科・小児矯正をご希望の方へ

小児歯科・小児矯正

世田谷区千歳烏山周辺で、成長段階のお子さんの虫歯治療や歯並びの改善をご希望の方はぜひ、こまい歯科へご相談下さい。当院の小児歯科では、将来を見据えた予防や治療を心がけ、お子さんが歯医者さんを嫌いにならないよう、精神的部分への配慮も徹底しております。歯医者さんが苦手なお子さんやお子さんの歯並びが気になるという方がいらっしゃいましたら、一度当院までご来院下さい。

トップへ戻る