痛みを抑えた親知らずの抜歯・移植|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

痛みを抑えた親知らずの抜歯・移植

親知らずの抜歯や保存について適切な診断を実施致します

親知らずの抜歯や保存

当院では親知らずの抜歯、保存について適切な診断を行っております。患者さんによく親知らずはいつ抜歯すればいいですか?と相談されることがありますが、当院では親知らずが健康な状態であれば、保存することおすすめしております。しかし、横向きに生えたり、途中まで埋まっていたりなど、他の歯に悪影響が及ぶ場合には、抜歯を検討する場合もございます。自分の親知らずが現在どのような状態か気になる方は、歯科医院にて一度診断してもらうことをおすすめ致します。

親知らずの有効な活用法について

親知らずの有効な活用法

こまい歯科では、患者さんの天然歯を可能な限り保存することをモットーに治療に取り組んでおります。そのため、一般的には不要とされる親知らずも可能な限り、保存する事に努めております。健康な状態を維持する事が可能であれば、親知らずを将来的に活用することもできます。

主な活用法としては、

歯を失った際、咬み合わせの修復には入れ歯やインプラントなどの治療が一般的ですが、健康な親知らずが残っていれば、移植や矯正などの方法で有効活用することもできます。

抜歯をおすすめする親知らずのケースについて

当院では出来るだけ親知らずの保存を心がけていますが、親知らずが口腔内の健康に支障をきたす場合には、やむを得ず抜歯をご提案する場合もございます。当院が抜歯をおすすめする親知らずの生え方や状態の一例をご紹介します。

将来的な歯列を乱す生え方

歯列を乱す生え方

横向きや斜めに生えた親知らずは、前方の歯を押しながら成長することになります。押され続けた前方の歯は、将来的に歯列を乱し、咬み合わせの不調などを引き起こす要因となるため、抜歯をご提案致します。

虫歯・歯周病になっている場合

虫歯・歯周病

親知らずは正常に生えていても、ケアが難しいため、虫歯や歯周病になりやすく、再発の可能性も高くなります。特に、重度の虫歯の場合には、根管治療が適切に行えない場所であるため、再発リスクが非常に高くなりますので、抜歯を推奨しています。

慢性的な智歯周囲炎

智歯周囲炎

親知らずが一部しか露出していない場合には、隙間に汚れが蓄積され、細菌の繁殖によって炎症が起こります。親知らず周辺に起きる炎症を「智歯周囲炎」といい、慢性化することにより、発熱をはじめ、頭痛、開口障害などの症状を引き起こす可能性が高くなるため、抜歯をご提案致します。

親知らずの周辺に嚢胞がある

嚢胞がある

歯茎に埋まった親知らずのレントゲン写真で、親知らずの周辺に影が確認されることがあります。この影は嚢胞と呼ばれる膿の塊で、症状の悪化に伴い、神経を圧迫したり、腫れや痛みの原因となるため、抜歯を検討することになります。

負担やリスクを抑えた親しらずの抜歯対策

やむを得ず親知らずを抜歯することになった場合、当院では、できるだけ患者さんに不安のない処置を実施するため、様々な取り組みによって負担やリスクの軽減に努めております。

歯科用CTによる精密検査

歯科用CT親知らずの歯根が特殊な形や骨に埋まっている場合には、一般的な親知らずの抜歯に比べて、周辺組織の損傷などのリスクが高くなるため、必要に応じて歯科用CTでの精密検査を行います。

親知らず周辺の顎骨の状態・血管や神経などの位置を正確に把握することにより、リスクを抑えた適切な処置に努めております。

痛みや精神的負担の緩和

痛みや精神的負担の緩和当院では出来るだけ負担の少ない抜歯を行うため、抜歯に伴う痛みはもちろん、麻酔注射の痛み軽減にもこだわっております。表面麻酔や極細針、電動麻酔注射器など用いて痛みを最小限に抑えています。

さらに、緊張や不安が強い方には、麻酔専門医による「静脈内鎮静法」などの特殊な麻酔もご用意しております。詳しくは以下リンクからご確認下さい。

痛みを抑えた治療ページへ

親知らず抜歯後の腫れを抑えるために

抜歯後の腫れ抜歯後の痛みの強さや腫れなどの度合いは、親知らずの抜歯時に要した時間が大きく関わってきます。

そのため当院では、抜歯後の侵襲度合いをできるだけ抑えるために、施術前のシミュレーションやレントゲン・CTによる分析をしっかり行い、正確かつ、スムーズな抜歯を心がけております。

抜歯後の痛み軽減や感染防止対策

痛み軽減や感染防止親知らず抜歯後のトラブルとして、激しい痛みを伴う「ドライソケット」や患部の化膿などがあります。そのようなリスクを軽減するため、抗生物質、痛み止めの処方に加え、抜歯窩にコラーゲンを充填する処置にも対応しております。

これまでの抜歯で、ドライソケットになった方は体質などが原因の場合もございますので、事前にご相談下さい。

世田谷区千歳烏山にて適切な親知らずの抜歯・移植をご希望の方へ

親知らずの抜歯・移植

こまい歯科では親知らずの移植など、将来的な活用法も考慮し、保存を推奨しております。また、抜歯となった場合にも、可能な限り患者さんに負担のない処置を心がけ、抜歯後の痛みや腫れの軽減に努めております。世田谷区千歳烏山で、親知らずの抜歯・移植をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る