治療メニュー|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

治療メニュー

再発を抑えた精度の高い治療、予防医療に力を入れています

再発を抑えた治療

こまい歯科では、処置精度にこだわった精密根管治療をはじめ、審美性・機能性・適合性を追求したつめ物・かぶせ物治療に力を入れ、治療した歯が再発しないよう、予防を通してお口の健康維持に努めております。

保険診療と自費診療の違い(料金表には見えない本音の部分)

歯科の料金表は、料金の違いが単に材質の違いから来ている、と思っている方が多いようです。説明する側もわかりやすいのでそれに終始しがちです。でも、歯科医師の本音からすればそれだけではありません。

こまい歯科ではいわゆる「営業」はしません

まず最初にお伝えしたいのはこれです。私たちは理念に基づき、人それぞれで事情が違うことを尊重しています。値段の低いものを選んだから手を抜く、ということはありません。ご自身の身体のために、自分で選んでくださることが第一だと考えているからです。

私たちには説明義務があるので患者さんがご自身で判断できるような説明はしますし、アドバイスが欲しい方はアドバイスも行っておりますからその点はご安心ください。分からないことは遠慮なく聞いてください。

何を優先するかによって基準が変わってきます

値段も見た目も機能も全てを兼ね備えた素材は残念ながら存在しません。見た目をきれいにするなら白い材質を、強度や二次的に発生する虫歯予防を重視するなら金合金・白金加金を、単に費用を抑えるなら保険が利く銀歯、となります。

費用と時間をある程度かけたほうが良い結果を出しやすくなるのは当然です

保険で認められている材料や機械は、概ね悪くはないですがベストとは言えません。なぜなら法律では「保険診療は必要最低限をまかなうもの」と明記されているからです。たとえば銀歯は比較的安い金属であり、歯科用としては日本独自の素材です。

しかし海外ではドイツのように法律で人体への使用を禁止されていたりします。日本では銀歯は保険で認められており、値段も安いので表立って銀歯を否定しづらいのです。一方、自費診療の場合はより良い治療法のために材料と労力と時間を投資することができます。この点も保険診療とは決定的に違うところです。

治療内容に違いは出ますか?

出ます。

トップへ戻る