歯医者さん自身も自分に入れたくなるセラミック④|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さん自身も自分に入れたくなるセラミック④

投稿日:2020年7月20日

カテゴリ:スタッフブログ

今日はセラミッククラウン(別名メタルボンドクラウン)の

製作過程を一部ご紹介します。

 

まずは完成品がこちら。

メタルボンド(セラモメタル)の名の通り、金属にセラミックを

焼き付けて製作します。

 

当然、全て手作業です。

 

製作の作業自体とてもデリケートです。

 

まず、メタルカスタムアバットメントという土台。

この土台の上に、金属フレームを作っていきます。

それを作るには、まずワックス(ロウ:蝋)で原型を

製作します。

かみ合わせもチェックします。

上の歯との間に隙間があるのは、後でセラミックを盛り足す空間だからです。

 

この後、ロストワックス法と言って、

要するに鋳造と呼ばれる方法で金属フレームを完成させます。

 

溶かした金属を原型に流し込むことで、金属フレームができあがるのです。

 

その後、金属表面にオペークと呼ばれる材料を塗布します。

これを塗布しないと、金属の色が透けて歯が灰色っぽく見えてしまうからです。

ただ、オペークを塗り過ぎてもダメです。

今度は歯が不自然に白っぽく見えすぎてしまうからです。

 

この辺の加減も経験と技が必要です。

 

次に、歯の色に合うセラミックの粉を、水とともに筆で少しずつ盛り上げていきます。

これがまた、とてつもなく難しいのです。

 

技術がないとスカスカのセラミックになってしまいます。

 

いかに密度の高いセラミックを焼き付けるか?

かつ、自然な色を出せるか?

 

歯の色は1色ではありません。

 

いくつもの色の種類を盛り足して、

どういう色の組み合わせ・セラミックの量なら

どういう発色をするか?

も計算して作業を進めなければなりません。

 

まさに職人の世界そのもの、腕の見せ所です。

 

次回はセラミックの完成までご紹介します。

 

世田谷区・千歳烏山でセラミックの歯を入れたい

という方はこまい歯科までお問い合わせください。

 

トップへ戻る