歯医者さん自身も自分に入れたくなるセラミック③|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さん自身も自分に入れたくなるセラミック③

投稿日:2020年7月17日

カテゴリ:スタッフブログ

今日は歯を作る名工・西和田氏がどう考えて歯を作っているか?

簡単に解説していただきます。

 

西和田氏から**************

インプラントの場合、天然の歯に入れる土台に相当する

アバットメントというインプラント用の土台を作製します。

​△コンピューター上でアバットメントの設計をしているところ。

この設計を元に、機械に指示して金属を削りださせて製作します。

 

 

インプラントは天然の歯と違い、

歯根膜という薄いやわらかいクッション材がありません。

 

そのため、

かぶせ物と土台のフィットの精度、

セラミックがわずかに欠ける可能性など

に注意して歯を設計しなければなりません。

 

先生方が入れたインプラントの位置、

アバットメント、セラミッククラウンの金属部分の設計、

そして反対の歯とのかみ合わせなど、

諸々総合した上で、いかに安定させるか?を常に考えております。

 

メタルカスタムアバットメント

既製アバットメント(=既製品)と全く違います。

 

CADを用いた角度の調整や厚みの設定が可能なため、

咬み合わせの圧力に対し、回転や動揺に抵抗した設計が

可能となります。

 

つまり、

メタルカスタムアバットメントは

オーダーメイドの土台。

 

歯が安定しやすい設計が可能ということです。

 

***************

西和田さん、ありがとうございました。

 

インプラントをこれからしようとお考えの方、

インプラント手術を終え、いよいよ歯を入れようとお考えの方

にとっては少しは参考になりましたでしょうか?

 

次回はこの土台の上にかぶせる

セラミックのかぶせ物の製作写真

公開予定です。

 

世田谷区・千歳烏山でインプラント治療をしたい

という方はこまい歯科までお問い合わせください。

 

 

 

トップへ戻る