歯科衛生士が教える!デンタルフロスの使い方|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯科衛生士が教える!デンタルフロスの使い方

投稿日:2021年6月18日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。こまい歯科・歯科衛生士の中尾です。

 

関東も遅めの梅雨入りをして、お天気が不安定ですね。

 

今日は苦手な方も多い、デンタルフロスのお話です。

 

ちょっとしたポイントを押さえると、グッと使いやすくなりますので、確認していきましょう!

 

ポイント1 フロスの長さは40cmぐらい。(肘ぐらいまでの長さです。)

ポイント2 中指に巻き付けます。この時に両手を開いてもフロスがほどけてこないように

      巻き付けることで、安定してフロスをすることが出来ます。大事なポイントです!​

ポイント3 人差し指と親指でフロスをつまんだ時に12cmぐらいになるようにしましょう。

      長すぎると、不安定になって、フロスで歯肉を切ってしまいます。

ポイント4 指の先端にフロスをかけます。先端に掛けるのがポイントです!

      指の先端からフロスがずれると細かいコントロールが出来なくなってしまいます。

上の奥歯

上の前歯

下の奥歯

下の前歯

 

ポイント5 フロスを歯と歯の間に当て、ノコギリで引くように、少しずつ歯と歯の間に挿入します。

ポイント6 フロスをピッタリと歯に沿わせて、フロスを痛くないところまで(歯周ポケット内)に

入れます。フロスを前後に動かして、しっかりプラークを取ってください。

ポイント7 右中指に巻き付けたフロスを1巻きほどき、左中指に巻き取るといつも新しい面で

      フロスが出来ます。

いかがでしたか?

奥歯のフロスが苦手とおっしゃる方は、フロスを人差し指に巻いて使っている方が多いようです。

1日1回はフロスをする習慣を付けましょう。

ポイントを押さえて、デンタルフロスをマスターしてくださいね!

 

世田谷区・千歳烏山で予防歯科に力を入れている歯医者

をお探しの方はこまい歯科までご連絡ください。

 

トップへ戻る