年齢別の歯の本数①|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

年齢別の歯の本数①

投稿日:2020年3月23日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の柴田です。

突然ですが、皆さんは、ご自分の歯が何本あるかご存知ですか?

歯を抜いたことはない。もしくは、親知らずを2本抜いた、奥歯を1本抜いたなど、抜いた記憶はあるけれども、何本残っているかは考えたことがない。という方も多いのではないでしょか。

ここでまず、人は本来何本歯があるのかを知っておきましょう。

親知らず4本を含めて32本です。

多くの方は、親知らずは生えてこなかったり、生えてきても抜いてしまっていることが多いと思います。(私も20代の頃に親知らず4本を抜歯しました。)

ですので、私たちの歯は本来28本(+4本の親知らず)あるのです。

 

ちょっとここで話が脱線しますが、大人の歯が生えてくる前の乳歯は、全部で20本です。

乳歯だけの期間は大体6歳頃までで、それから一番奥の乳歯の後ろに6歳臼歯という大人の歯が初めて生えてきます。同時に下の前歯、上の前歯と順番に生え代わりもはじまります。

 

本題に戻りましょう。

皆さんは今、何本の歯がありましたか?

手鏡を見て、舌で触って、指で触って確認してみてください。

親知らず以外に歯を抜いた記憶がなく、28本以上あれば問題はなさそうです。

 

それでは、次のブログにて、年齢別で歯をどのくらい維持できているのか、みてきたいと思います。

トップへ戻る