年齢別の歯の本数②|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

年齢別の歯の本数②

投稿日:2020年3月24日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の柴田です

前回は人の歯の本数を確認しました。

28本(+親知らず4本)が、全ての歯がそろっている状態でしたね。

ここで、平成23年歯科疾患実態調査を基に、年齢別の歯の本数を見ていきましょう。

44歳までは、28本を超えています。

これは、親知らずがある人もいるからですね。

多くの人は歯を失うこともなく、噛むことに不自由は感じていないはずです。

54歳までになると、2~3本歯を失ってしまいます。

この時点では、ちょっと不都合を感じるけど、多くの方はまだ大事だとは感じていないのではないでしょか。

65歳になると、残っている歯の本数は19本まで減ってしまいます。

9本もなくなっています。ここまで減ると、さすがに色々と不都合を感じるようになるでしょう。

75歳以上になると、13本まで減ってしまいます。

そして、55歳以上の65%。75歳以上だと90%の人は入れ歯を使用しているといわれています。

一方で、80歳でも半数の方は20本以上の歯を保持し、さらにその半数の25%の方は25本以上の歯を保持しているという調査もあります。(「いい歯東京」達成度調査:平成26年度)

このことから、年齢が上がるにつれ、多くの歯を失ってしまう人、歯がしっかり残っている人と差が顕著になることがわかります。

歯は失ってしまうと取り戻すことはできません。

痛くなってからの歯の治療は、歯の寿命をどんどん縮めてしまいます。

歯を長く持たせるためにできる最善の方法は、悪くならないように予防をし、悪くなる前に治療をすることです。

世田谷区・千歳烏山で予防歯科をお探しの方は

こまい歯科までご相談ください。

トップへ戻る