教えて歯医者さん!歯の矯正って始めるのが早いほど良い?①|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

教えて歯医者さん!歯の矯正って始めるのが早いほど良い?①

投稿日:2024年6月5日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol656

 

 「歯の矯正って始めるのが早いほど良いんですよね?」

と聞かれることが多いです。

 そういう風に思いがちですが、実は必ずしもそうではないのです。

 

 一番早く始めた方が良いケースは、上下の歯の位置関係が逆転している、

いわゆる受け口(反対咬合)の場合です。

 

 しかも歯が原因でそうなっている場合に限ります。

(顎の骨が反対になっている場合は異なってきますので要注意です。)

 

 そういう歯が原因で受け口(反対咬合)になっているケースは

師の教えに従って、私は6歳頃からスタートするのを目安としています。

 

 単なる歯並びの凸凹(叢生:そうせい)がある場合は、必ずしも慌てる必要は

ありません。

 

 矯正治療には昔から1期と2期という区分があります。

 

 1期は抑制矯正、2期が本格矯正、という呼ばれ方を専門的にはされています。

 

 1期の抑制矯正は、背中を後押しするイメージ。

 

 変な方向に行かないように抑制をかける、ということです。

 

 2期は本格的な矯正治療で、昔から金属線と歯に張り付ける装置を使った

いわゆるブレースと呼ばれる矯正装置で歯を動かしていくのが一般的です。

 

 近年ではマウスピース矯正も増えてきていますが、まだまだ不足している部分も

多く、ブレースに取って代わるところまでには至っていません。

 

 話が少しそれましたが、矯正治療、必ずしも早く始めたから有利、というわけでは

ありませんのでご注意ください。

 

 

世田谷区・千歳烏山で矯正治療の経験が豊富な歯医者

をお探しの方はこまい歯科までご連絡ください。

 

 

トップへ戻る