歯医者さんって新型コロナウイルスにかかりやすいの?②|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さんって新型コロナウイルスにかかりやすいの?②

投稿日:2020年7月27日

カテゴリ:歯科のコロナウィルス対策

★高リスクと思われる歯科関係者の陽性率は

実は低かった!

 

ソフトバンクグループが6月9日、

全国4万人規模の抗体検査の結果を発表しました。

 

調査人数 44066人

検査対象 医療機関         539機関  5850人

     ソフトバンク・取引先関連 465社  38216人

 

集計結果はこちら。

全体で見ると、0.43%の陽性率。

 

そして医療従事者等が1.79%、

ソフトバンクショップや取引先関連が0.23%

 

でした。

 

次に医療関係者の内訳です。

1位 受付・事務等 2.9%

2位 医師     1.9%

3位 看護師等   1.7%

4位 歯科助手   0.9%

5位 歯科医    0.7%

 

日経メディカルの記事から引用します。

引用開始********************

会見で登壇した

国立国際医療研究センター理事長特任補佐の大曲貴夫氏は

「高リスクと思われる歯科関係者の陽性率が

低かったのには驚かされた。

歯科での感染対策や、診療した患者の特徴などを

深掘りする必要がある」

と指摘した。

********************引用終わり

歯科の現場として真っ先に考えられるのが

治療の際に使うバキューム(唾液や水などを吸う機械)が

コロナウイルスを吸い込んでくれるため、

案外リスクが低くなった可能性です。

 

また、歯医者さんの間で元々

スタンダードプリコーション(標準予防策)

年々浸透してきてたであろうことも考えられます。

 

患者の皆さんの中には大きな誤解をされている方がいらっしゃるようですが、

感染リスクが高いのは患者さんではありません。

 

患者さんを治療する歯医者さんとスタッフなのです。

 

そして、

日本全国において今まで

歯科医院で歯科医やスタッフから

患者さんに感染した事例はゼロ

だということも知っておいていただければ幸いです。

 

世田谷区・千歳烏山で新型コロナウイルス対策に力を入れている歯医者

をお探しの方はこまい歯科までご連絡ください。

トップへ戻る