できるだけ歯を残すために学んだ顕微鏡歯科治療②|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

できるだけ歯を残すために学んだ顕微鏡歯科治療②

投稿日:2020年3月12日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol34)

 

先日、日本大学松戸歯学部の辻本教授にお願いをして

マイクロスコープ根管治療の知識と技術のブラッシュアップをしました。

日本では再根管治療(※)がとても多いため、

今回は難しいケースにおいてどうするか?

という点に絞ってご指導いただきました。

(※=歯の神経を取ったのに膿んだり腫れたり炎症を起こしたため

再度治療すること)

 

曲がりくねった根管にどう器具を到達させるか?

そういう場所に入っている汚れをどうやって除去するか?

 

こういった課題は日常茶飯事ではありますが、難易度が最も高いのです。

 

今回の課題の1つがこの写真に写った歯。

専門家でないとわかりにくいので、色をつけてみます。

黄色の線が歯根部分。赤の部分が歯の中にわざと金属の治療器具を折れ込ませたもの。

この写真の赤で塗った部分の器具を除去しましょう、ということです。

 

特に今回は通常と違って、

歯根の先までわざと器具を突き出した状態で折れ込ませた状態に

したそうです。

 

そのため、治療の難易度も相当高いレベルを想定した実習となりました。

 

さあ、結果はいかに?

 

続きはまた後日です。

 

世田谷区・千歳烏山で精密根管治療をする歯医者

お探しの方はこまい歯科までお問い合わせください。

 

トップへ戻る