マイクロスコープ根管治療における清潔操作|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

マイクロスコープ根管治療における清潔操作

投稿日:2019年12月26日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol1)

当院の診療は年内残すところ今日を含めてあと3日となりました。

年初は1月6日からとなります。

さて、当院では毎日マイクロスコープを使った根管治療を行っております。

昨日も私だけで午前から立て続けに2件、マイクロスコープ下での根管治療がありました。

当院のマイクロスコープを使った根管治療では

必ずマイクロスコープに滅菌したビニール袋をかけて、

清潔な状態で治療しております。

また治療する歯にはラバーダムをかけ、治療前に消毒もしております。

治療中は寝ている方が多いです。

ラバーダムシートのおかげで治療している部分にしか器具が来ないので

患者さんにとっては安心感があるのだと思います。

実際、私も経験したことがありますが、そのように感じました。

また、治療する側としても、唾液が歯の中に入ったり、自分の手が患者さんの

唾液で汚染される心配もしなくて済むようになるので、やはり安心感

持てます。

唾液には1ccあたり10億個も細菌が含まれていると言われております。

そのため唾液1滴でも歯の中に入ってしまうと、根管治療は元の木阿弥です。

歯の中をまた消毒しなおさなければいけませんし、治療の効果も落ちてしまいます。

手術と同じで清潔な状態にして治療するからこそ、

マイクロでの根管治療は成功率が高まるのです。(Van Nieuwenhuysenら:Int Endod J 27:75-81,1994、Abbott PV:Aust Dent J,39:157-161,1994)

世田谷区・千歳烏山でマイクロスコープ精密根管治療をする歯医者をお探しの方は

こまい歯科にご相談ください。

トップへ戻る