歯医者さんを信頼できる・できないの舞台裏|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さんを信頼できる・できないの舞台裏

投稿日:2019年12月27日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol2)

 

よく「歯医者さんに行ったら歯を削られた」という方がいます。

「削られた」というのはまるで被害を受けたかのような言い方ですね。

なぜこういう言い方になるのでしょうか?

しかもそういう言い方をする方が多いようです。

 

いくつか理由はあると思いますが、

ここではそのうちの1つについて考えてみましょう。

こちらの2枚の写真をご覧ください。

 

<1枚目>

<2枚目>

皆さん、この2枚の写真を見てどう思われましたか?

 

【正解】

実はこの2枚の写真に写っている歯は同じ人の同じ歯なのです!

 

1枚目を見ると、少し歯の形が変わっているくらいにしか思わなかった方が

ほとんどではないでしょうか?

 

2枚目を見ると、歯の真ん中を中心に大きく穴があいています。

歯の奥側から虫歯が大きく進んでしまっていたため、削らざるを得なかったのです。

ただ、この歯は第1小臼歯です。思い切り見える場所です。

そのため、見た目が悪くならないよう、外側の残っている歯の部分は薄皮一枚の

部分が実はあるにもかかわらず、無理やり残しています

 

いかがでしょう?

1枚目=患者さんの視点(=想像)

2枚目=歯科医師の視点(=現実)

とすれば、両者でこうも違うことがおわかりいただけたでしょうか?

 

患者さんと歯科医師とで行き違いが発生しやすい点はいろいろありますが、

この「歯を見る角度」によってこうも景色が変わることが歯科治療でもよくあることなのです。

 

この情報が皆さまのお役に立てば幸いです。

 

それでは良いお年をお迎えください。

トップへ戻る