虫歯治療が必要な場所とそうでない場所|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

虫歯治療が必要な場所とそうでない場所

投稿日:2020年1月10日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(記事#5)

 

まずはこちらの写真をご覧ください。

どこに虫歯があるかわかりますか?

写真を拡大してみましょう。

赤い点線で囲った部分の歯が変色しています。この中が虫歯になっています。

ちなみに一般の方で多いのは、

写真のように「歯の溝の茶色くなっている部分が虫歯だ!」

と思ってしまうことです。

これは虫歯ではなく単なる着色です。

 

他のケースで見た目が似ているものではCO(caries observation)も多いです。

しかしそれも虫歯ではないのです。

 

話を戻しましょう。

 

いかがでしょうか?この位置、自分が患者だったら気づけたでしょうか?

一般のほとんどの方は無理だと思います。

ちなみにこの患者さん、症状はほぼありませんでした。

それに自分自身で写真の角度とズームアップした状態で確認するのは物理的に不可能です。

 

このケースでご自身で気づける可能性があるのは

①デンタルフロスがほつれてくる場合

②食べ物が挟まる

でしょうね。

あとは運が良ければ

③冷たいもの、甘いものがしみる

でしょう。

ただ、虫歯の入り口の大きさや形、位置によってはこれらの現象も出ません。

 

みなさんが自分で虫歯を見つけるのは意外と難しい場合が多いのです。

 

虫歯があるかどうか気になっていて、

世田谷区・千歳烏山でなるべく削らない虫歯治療をする歯科をお探しの方

こまい歯科までご相談ください。

トップへ戻る