根管治療における痛み・腫れの原因②|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

根管治療における痛み・腫れの原因②

投稿日:2020年2月27日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol28)

 

いわゆる「根の治療」(根管治療)を週1、あるいは2週間に1回とかの

ペースで何か月もかけて治療している方がたまにいらっしゃいます。

中には根管治療をしているのに一向に治らない、という方もおられます。

 

こういった方々に私がまずお聞きするのは

①1回あたりの治療時間はどのくらいですか?

②肉眼での治療でしたか?それとも顕微鏡を使った治療でしたか?

 

の2点です。

 

①の治療時間、これも重要なんです。

 

お聞きすると必ずといっていいほど

 

「10分」「15分」、せいぜい「30分」程度

 

という答えが返ってきます。

 

10分、15分、30分だとどう問題なのでしょうか?

 

時間から考えて保険診療で行われている一般的な内容です。

 

ここでその診療の時間配分を考えてみましょう。

 

1.最初の2~5分(?話が長い人は10分、20分、もっと??)

  患者さんのお話を聞く時間が最初必要です。

2.治療

3.治療後の説明2~5分(?話が長い人はもっと??)

 

1.と3.の説明ならびに患者さんのお話を聞くのに4~10分程度を要します。

 

ということは、

 

診療時間が10分の場合、患者さんのお話を聞く時間も説明する時間はゼロ~6分。

診療時間が20分だとして、治療時間を10分としてようやく治療前後の会話に5分ずつ。

 

一方、歯の大きさは1~2センチ弱。

まして根管は1mm程度だったりします。

 

しっかり治すとなると、この短い時間では困難なのです。

 

もし根管治療を続けているのに一向に良くならないようであれば、

この辺にもヒントがあるやもしれません。

(もちろん他にも原因があるはず)

 

世田谷区・千歳烏山で専門的な根管治療をする歯医者をお探しの方は

こまい歯科にご相談ください。

トップへ戻る