歯医者さんの院内感染症対策②|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さんの院内感染症対策②

投稿日:2020年2月5日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol16)

 

新型コロナウイルスのニュースが飛び交っているので

今日も続編です。

 

このウイルスの感染経路は

飛沫感染・接触感染と言われているようです。

 

私ども歯科の診療では

歯の切削時や歯石取り時に水しぶきを

浴びますので飛沫ならびに接触感染対策も大切ですから

感染症には関心が高いです。

 

さて、前回記事でも述べた通り、

マスクで新型コロナウイルスを予防することは難しいです。

 

大きさ1つとってみても、

ウイルスは   0.1μm

マスクの網目は 5  μm

 

50倍も大きい!!

 

これではマスクがザルすぎてウイルスを通さないわけがない、ということです。

 

もちろん

飛沫感染(*)のリスクを

減らすためにマスクを装着する意義

はあります。

 

(*咳やくしゃみのしぶきなどを吸い込むことによって感染すること)

 

ただし、それもマスクの装着の仕方がポイントです。

 

ちょうど花粉症の時期ですから、新型コロナウイルス騒動がなくても

マスクは手放せない時期ですよね。

 

この際にしっかり覚えましょう。

 

よく売られているこのタイプのマスクの正しい姿がこちら。

マスクのワイヤー(触ると金具が入っているのがわかります)を上にします。

ひもはマスクの外側に。

プリーツは下向きに。

顎の下まで延ばす。

 

皆様、いかがですか?できていましたか?

 

あと大事なのは、マスクの交換。

 

くしゃみ、咳をした人に遭遇したら、

なるべくマスクを変えましょう。

せめて半日に1度はマスクを変えましょう。

 

1日中つけっぱなしは、花粉症対策には良いでしょうけど、

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス対策としては

アウト!

です。

 

「マスクがないんだからしょうがないでしょ!」

っておっしゃる方もきっと世の中にはいるでしょう。

 

でも、それだとマスクを感染経路にしているようなものなのです。

 

こういった事情もあって、

マスクをしても予防効果ははっきりしない、

というデータが出てしまうのでしょうね。

 

優先順位はそれよりも

手洗い、

アルコール消毒、

1時間に1回は一口でいいから水を飲む

が大切です。

 

 

最後に、こんな人も世界にはいるんですね。

いや、オムツはさすがにちょっと・・・。

 

呼気中の水分でオムツが膨張して苦しくなりそうです。

 

ご本人はマスクがないから必死で考えてオムツをかぶるという

奇策に出たのだと思いますが、、、。

 

マスクよりも大事なのは

手洗い、

アルコール消毒、

1時間に1回は一口でいいから水を飲む

だと誰か教えてあげたらいいのに、と思います。

 

世田谷区・千歳烏山で院内感染症対策に力を入れている歯医者をお探しの方は

こまい歯科までご連絡ください。

トップへ戻る