歯科衛生士が教える!歯と歯の間のお掃除の仕方|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯科衛生士が教える!歯と歯の間のお掃除の仕方

投稿日:2021年4月26日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

こまい歯科 歯科衛生士の津久井です。

 

今回は、歯と歯の間の清掃方法についてお話したいと思います。

 

歯と歯の間は

歯ブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすく、

虫歯や歯周病になりやすい場所

です。

 

歯と歯の間の歯垢は、

歯ブラシだけでは60%程度しか

取り除くことが出来ないことをご存知でしたか?

 

歯ブラシと併せてデンタルフロスや歯間ブラシを使うことで

90%近くの歯垢を

取り除くことが出来ます。

 

効率よくお手入れをするためにも

毎日のケアに歯と歯の間のお手入れも取り入れましょう。

 

~デンタルフロスと歯間ブラシの種類~

デンタルフロスは大きく分けて2種類あります。

【ホルダータイプ】F字型とY字型があり、初めてフロスを使う方にも使いやすいです。

F字型は下の前歯に、Y字型は上の前歯と奥歯の清掃に適しています。

 

【ロールタイプ】

ワックスのついているワックスタイプと、

ワックスのついていないアンワックスタイプがあります。

 

ワックスタイプは、ほつれにくく、表面が滑らかなので歯間部に通しやすいです。

アンワックスタイプは、歯面に通した際に糸の繊維が広がりやすく、清掃性に優れています。

 

デンタルフロスは、歯と歯の間が狭い所や、歯と歯の接触部分・歯周ポケットの中まで清掃する事が出来るので、歯間ブラシでは届かない細かい所までお掃除することが出来ます。

歯間ブラシは、歯間部の広さや形態に合わせて、無理なく動かせる太さのものを選択しましょう。

歯間ブラシが入らないところは無理をせず、デンタルフロスを使用してください。

 

サイズや種類、使い方がわからなければ、お気軽に歯科医師・歯科衛生士にお尋ねください♩

 

世田谷区・千歳烏山で予防歯科に力を入れている歯医者

お探しの方はこまい歯科までご連絡ください。

トップへ戻る