歯医者さんが教える!根管治療におけるマイクロスコープと肉眼の違い③|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さんが教える!根管治療におけるマイクロスコープと肉眼の違い③

投稿日:2021年3月22日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol145)

 

Q:根管治療(※)で、マイクロスコープと肉眼での治療って、

そんなに違うんですか?

(※歯の神経を取る処置あるいは歯根の消毒)​

決定的な違いの3つ目は、ラバーダムです。

 

ラバーダムは使用するしないの違いだけで

治療成功率が50%を超えるか超えないか?

くらいの違いが出てしまう、という研究もあります。

 

相当気をつかって、お口の中もそんなに唾液が出ない場合であれば

もしかするとラバーダムを使わなくても

ある程度は清潔な操作ができて、

その治療はうまくいく場合があるかもしれません。

 

しかし、大多数の場合は違います。

 

お口の中は唾液だらけ。

 

気がつくと、治療器具も唾液まみれてしまうこともあります。

 

あるいは、隣の歯の表面に付着している細菌が、治療している歯の中に

間違って流れ込んでしまうこともあるかもしれません。

 

一方、ラバーダムを使う場合は、

私の場合はですが、

治療する歯とラバーダムの間にできるすき間を

特殊な材料で封鎖します。

 

次に、ヨードをくまなく塗布して最低3分間

時間を取って消毒をしています。

 

この方法は医科においても、身体のどこかを手術する際に行われている方法です。

 

これなら、手術野を確実に滅菌できるからです。

(アルコールではダメ)

 

歯の中は元々無菌状態です。

 

虫歯のせいで歯の中に細菌が入ってしまったなら、

それを殺菌して

できるだけ細菌がゼロの状態

に持っていかなければいけません。

 

そのためには、

無菌操作(※)

という概念が求められるのです。

 

そして、無菌操作を行うには、

それなりの時間と労力を投入しなければなりません。

そのために必要な費用も自ずとかかってしまいますが・・・。

 

ということで、マイクロスコープ精密根管治療を検討されている方は、

肉眼とマイクロスコープでの根管治療には

少なくとも3つ(※)の大きな違いがある

(※患者さんにとってわかりやすい点で、という意味です。

実際にはまだまだありますが・・・)

ということを知っておかれると良いでしょう。

 

世田谷区・千歳烏山でマイクロスコープ精密根管治療を受けたい

という方はこまい歯科までご連絡ください。

トップへ戻る