なるべく歯を抜かないためには顕微鏡歯科治療|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

なるべく歯を抜かないためには顕微鏡歯科治療

投稿日:2020年2月20日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol25)

 

私は歯科医師になってもうすぐ18年目を迎えますが、

顕微鏡歯科治療を始めてから10年目を迎えました。

 

私自身、今ではあまり苦も無く顕微鏡を使えていますが、

最初は肉眼との感覚の違い、特に下の顎はミラーを使った診療になるため、

勝手が違いすぎて戸惑いました。

 

歯科医師の新人先生が苦労しているのを見ると、当時を思い起こします。

 

顕微鏡歯科治療は根管治療(歯の中の神経・血管が入っている部分の治療)の分野で

米国のほうで発達し、日本にも導入された経緯があります。

 

日本にこの技術を導入された草分けの先生が辻本恭久先生(日本大学松戸歯学部教授)です。

 

定期的に勉強させていただいておりますが、今年も勉強させていただく予定です。

 

辻本先生のおかげで、

肉眼では全く治せなかった歯、残せそうになかった歯でも

残せる場合が増えたことがとても大きく、

当院にとってもパラダイムシフトになりました。

 

より正確に、より速く、成功率をより高めるために・・・。

 

日々、さらなる高みを目指して努力を続けてまいります。

 

世田谷区・千歳烏山でマイクロスコープによる歯科治療をご希望の方は

こまい歯科までお問い合わせください。

トップへ戻る