セラミックによる前歯の審美修復症例②|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

セラミックによる前歯の審美修復症例②

上顎前歯をセラミックで審美修復した症例(40代:女性)

▼過去に治療した前歯のかぶせ物をセラミックで治療した症例をご紹介します。

初診時のレントゲン撮影

▼画像をクリックすると拡大します。

初診時のレントゲン

右上前歯のかぶせ物が古いので治したいということで治療をご希望されました。レントゲンを撮影してチェックしてみました。

初診時のレントゲン

すると右上前歯の歯根の先にかなり大きな黒い像が見られました。(わかりやすいように赤く色づけをしました)炎症がかなりあるというサインです。場合によっては膿が溜まっている可能性もあります。

歯にはかなり太い金属の土台が入っており、歯の中も元々だいぶ削ってあることがわかります。このまま放置しておくと歯を残すことができない確率が高くなるため、患者さんとご相談の結果、治療することとなりました。

当該歯の虫歯治療を実施

虫歯治療を実施右上前歯には古い硬質レジン冠とよばれるかぶせ物がしてあり、だいぶ劣化していました。

その右隣にはレジンと呼ばれるプラスチックみたいな白い詰め物がされており、これも黒く変色していました。

虫歯治療を実施

右上前歯の冠をはずしたところです。汚れて茶色になっているのがわかります。

虫歯治療を実施

右上前歯の裏側から観察したところです。歯の中に金属の土台が差し込まれているのがわかります。また、表側同様に変色していることがわかります。

虫歯治療を実施

マイクロスコープをのぞきながら慎重に金属の土台を外しました。(もし肉眼で治療したらもっと歯を削っていたでしょう)

虫歯治療を実施

次に、歯の中をスプーンエキスカベータという虫歯だけが削れる器具で、丁寧に虫歯に感染した歯質をを取り除きます。虫歯が取れなくなるまでこの作業を繰り返します。

虫歯治療を実施

虫歯だけが染まるう蝕検知液で歯の中を染め出します。

虫歯治療を実施

青く残った部分が虫歯です。これを取らなければいけません。

虫歯治療を実施

青く残った部分をマイクロスコープで確認しながら、再び虫歯を除去していきます。

虫歯治療を実施

虫歯が全部取れてきれいになりました。

仮歯の作成

仮歯の作成

続いて仮歯を作っていきます。前歯なのでできるだけ取れない仮歯にするべく、歯に接着剤を塗っていきます。

仮歯の作成

歯にレジンと呼ばれる歯科用のプラスチックを盛り上げていきます。

仮歯の作成

仮歯ができました。これは歯に接着しているため簡単には取れません。

根管治療の実施

続いて根管治療(歯の中の消毒)に移ります。仮歯の裏側から穴を開けて、汚染されている歯の中の内容物を全て除去していきます。

根管治療の実施

オレンジ色に見える物は前の先生が歯の中に詰めてくださった防腐剤です。しかし、その一部が茶色~黒色に変色していました。除去する際、嫌な臭いも出てきました。

根管治療の実施

根管治療が進んで歯の中の内容物が全て除去できたようなのでレントゲンで確認してみました。全てきれいに除去できているのがわかります。

根管治療の実施

この歯は根の尖端がもともと大きく開いており、さらに歯根に亀裂が入ってしまっていました。こういうケースでは、MTAセメントを使用しなければ治る確率が低いことが知られています。そのため、ご本人と相談の結果、MTAセメントでそれらを封鎖することにしました。

根管治療の実施

根の尖端と亀裂部分にMTAセメントが入ったかどうかをレントゲンで確認しました。狙った通りに充填できているのがわかりました。また、この歯は元々内部を大きく削られてしまっていたので、次の歯の土台を入れるスペースを十分確保するため、MTAセメントを入れる量や形にも注意を払いました。

セラミッククラウンの型取り

セラミッククラウンの型取りMTAセメントが固まった次の予約時にファイバーコアを入れました。それから成型して仮歯を作り、歯肉となじむのを1週間ほど待ってから歯型を採りました。

患者さんと一緒に歯の色のガイドを見ながら色合いを決めていきます。また、変色していた右隣の歯については、レジンを用いて見た目を回復しておきました。

セラミッククラウンを装着して治療完了

セラミッククラウンを装着最終的な歯が完成しました。

「元々この歯と左隣の歯が傾斜していること」、「左右でかみ合わせの平面の高さが違うこと」この2点から、歯の形をどうするか非常に悩みました。

また、色合いについても自然な感じをご希望されましたが、たとえば左上前歯の中央には茶色いラインがあり、さらに薄い縞模様が横に入っています。これらを再現するかどうかなど、患者さんのご希望をお聞きしながら色と形を最終決定し、製作しました。

そして完成したかぶせ物を接着前にご本人にお見せしたところ、お褒めのお言葉をいただきましたので無事接着して完了となりました。

年齢/性別 40代女性
治療期間 3ヵ月
治療回数 7回
治療費 レジン充填 2,000円程度(保険診療内)
マイクロスコープ根管治療 55,000円(税別)
MTAセメント 21,000円(税別)
ファイバーコア 25,000円(税別)
オールセラミッククラウン(ジルコニアSクラス) 140,000円(税別)
リスクなど ・根尖病巣が再発する可能性がある
・将来歯根が折れる可能性がある
・かぶせ物のセラミックが欠けたり割れる可能性がある など

症例の担当者のご紹介

つめ物・かぶせ物(審美治療)ページ>>

トップへ戻る