セラミックによる前歯の審美修復症例|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

緊急事態宣言下における診療時間変更のお知らせと連休明けの診療について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

セラミックによる前歯の審美修復症例

変色した前歯をセラミックで審美修復した症例(40代:女性)

こちらの患者さんは、左上前歯を子供の頃にぶつけたことがあり、歯の色が変色してきたのがずっと気になっていたとのことでご来院されました。

サンプルイメージ

診てみると、左上前歯が歯の中から変色していました。

歯の変色を改善する治療法としては下記の2つが一般的です。

しかし、この方は歯をぶつけたことがきっかけで歯の神経が長年かけてなくなってしまい、神経の空間が自然に完全閉鎖されてしまっていました。そのため①を選択することが不可能だったため、ご相談の結果、ご本人が②を選択されました。

歯の形成・模型の製作

歯の形成

歯を形成したところです。削り方は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の審美歯科コース創設者、ブルース J クリスピン先生に教わった方法に則って行いました。

模型

歯型を採って模型にしたところです。歯を削った境目(マージン)が滑らかに歯の全周囲でつながっていることを確認しました。

模型の裏側

歯の模型の裏側です。歯の裏側も歯を削った境目(マージン)が滑らかにつながっていることを確認しました。

歯を削った境目(マージン)がガタガタだと、セラミックもガタガタになってしまいます。そうなるとセラミックあるいは歯が欠けてしまいやすくなり耐久性が落ちてしまいかねません。また、セラミックと歯の境目がなめらかであることでセラミックの精度が高まりますし、細菌もたまりにくくなります。

セラミッククラウンが完成

セラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンができあがってきました。製作はジルコニアセラミックス東京の齋藤氏です。絶妙な色の入れ方と透明感、そして歯の形も天然の歯と遜色なく製作されているのがわかります。

セラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンの裏側です。内面はコンピューターでデザインされ、機械で削りだして製作されたジルコニアフレームが使用されております。そのフレームの上から、齋藤氏が全て手作業でセラミックを焼き付け、色合いを出していっているのです。この技術は相当難易度が高いので、このレベルになると、ここまでできる技工士はとても数少なくなります。

セラミッククラウン装着前の処置

セラミッククラウン装着前の処置

患者さんに出来栄えをご確認いただいた後、セラミックの接着作業に移ります。写真は、セラミックの内面処理をしているところです。これにより洗浄と消毒が行われ、セラミックが清潔な状態となり、この後行われる歯への接着操作において、接着力を最大限発揮できるようになります。

セラミッククラウン装着前の処置

セラミックの歯を接着する前に、歯を機械で低速回転にてやさしく磨きます。研磨剤にはフッ素が入っていないものを使用することで接着剤の力を邪魔しないよう配慮しています。また、このように磨くことで、歯の表面の汚れや余分な物質を除去し、接着力を最大限発揮できるようにしています。

セラミッククラウンを装着して治療完了

セラミッククラウンを装着

セラミックの歯を装着した直後の写真です。周囲となじんでいます。自然な仕上がりになったため、「長年のコンプレックスがこれで無くなった」と喜んでいただけました。

年齢/性別 40代女性
治療期間 1ヵ月
治療回数 3回
治療費 ジルコニアセラミッククラウンSクラス 140,000円(税別)
リスクなど 将来歯根が折れる可能性がある。
かぶせ物のセラミックが欠けたり割れる可能性がある。

症例の担当者のご紹介

つめ物・かぶせ物(審美治療)ページ>>

トップへ戻る