マイクロスコープ・CTを用いた精密根管治療の症例|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

マイクロスコープ・CTを用いた精密根管治療の症例

マイクロスコープ・CTを併用した根管治療で歯を保存した症例

上の奥歯が痛いとのことで来院された50代の女性です。

初診時のレントゲン画像冷たい物がしみて、何もしなくても痛みがあったそうです。できるだけ神経を温存したい、とのご希望のため、いったん銀歯を外して仮のセメントを詰めて反応をみてみました。

しかし、やはり症状が消えないとのことだったのでご相談の結果、マイクロスコープ根管治療を行うことになりました。

初診時のレントゲン画像レントゲンを見ると、歯の神経がほとんど確認できません。レントゲンの水色部分は歯髄腔という神経・血管のある場所で、これだけが唯一なんとか見えている程度でした。

あとは、黄色点線部分にも黒い筋がレントゲンで見えるはずなのに、ほとんど見えない状態です。つまり、歯の神経の管(根管)がもしかするとカルシウム分で目詰まりを起こしていて、治療ができない恐れも考えられます。

もし神経の管が全く開通しない、歯の中をクリーニングできないとなり、しかも症状が改善しない場合は、最悪抜歯もあり得ます。非常に厳しい状況が治療前から想定されました。

精密根管治療に実施

マイクロスコープ根管治療の開始です。ラバーダムをかけた上で、唾液が入ったり薬液や水などが漏れないように、歯の周囲を封鎖します(写真の白い部分)。

精密根管治療

茶色く見えているのはヨード消毒薬で、ラバーダム全体に塗布します。消毒法は全身の手術に準じた方法を取っています。これにより術野の滅菌をしています。

精密根管治療

仮詰めを外し、歯の神経にアクセスしていきます。通常はこの写真のような深さの場面で歯の神経が露出しますが、このケースは全く露出しませんでした。

精密根管治療

慎重かつ解剖学的に歯の神経がある場所を探っていくと、まず一番太い歯根の神経をかろうじて見つけることができました。

【CT画像】

CT画像

通常、上顎の第1大臼歯は根管が3本あります。残りの2本がマイクロスコープで観察しても見つかりそうになかったため、その日は治療を終えてCT撮影をしました。この写真はCTで見た歯の断面像です。

CT画像

赤で示した実線部分が既に見つけた神経の入り口部分です。赤色点線、黄色点線部分が歯の神経があるであろう場所です。つまり、かろうじて残りの歯の神経の管がこのCT像で見えるか見えないか?という状況なわけです。ただ、あと少し歯を外側に削れば黄色点線部分の歯の神経の入り口が見えてきそうだ、ということもわかりました。

精密根管治療

CTで予測した方向に歯を削っていきます。

精密根管治療

CTで予測した通り、神経の管が新たに見つかりました。

精密根管治療

さらに、見つけたかったもう1つの神経の管も無事見つかりました。

精密根管治療

ニッケルチタンファイルを機械に取り付けて根管の拡大と清掃を行っていきます。このニッケルチタンファイルは非常に繊細なため、かなり慎重な取り扱いが必要な器具です。とにかく優しい力で無理なく、歯根の奥まで届かせていきます。

精密根管治療

無事に根管を拡大し、クリーニングし終えたところです。

精密根管治療

MB、DB、Pの3つの根管を全てクリーニングできていることを確認しました。

根管治療完了

根管治療完了根管充填を終えたところです。歯の中に3つの白い筋が明確に見えるのが根管につめた材料です。無事に歯根の尖端まで届いているのが確認できました。

もし歯の中がこのようにクリーニングできていなかったら、場合によっては抜歯だったかもしれません。

年齢/性別 50代 女性
治療回数 3回
治療費 マイクロスコープ根管治療 72,000円(税別)
リスクなど ・5~10%の確率で将来歯根が膿んでくる可能性がある。
・ごく稀に、もともと歯根に亀裂が入っており、治療しても改善しない場合がある。
・歯の神経が非常に細いケースでは、場合によって完全に根管が閉鎖して治療しきれないこともあり、その場合は治療の成功確率が下がるかもしれない。
【注意点】
根管治療だけでは治療は完結しません。通常はこの後、土台とかぶせ物が必要となります。費用もその分追加になります。

症例の担当者のご紹介

精密根管治療ページ>>

トップへ戻る