お問い合わせはこちらまで

お電話

03-5315-1188

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

審美歯科

審美歯科とは

機能回復を目的とする他の治療と異なり、歯の色や形、かみ合わせを改善する口元の美しさに焦点をあてた、美容的な歯科治療と云えます。

白い歯と綺麗な笑顔は人柄も明るく爽やかな印象を与えます。そのため虫歯治療跡の金属が見えてしまう、歯が欠けている、お茶、コーヒーなどによる歯の着色が気になるなど、歯を見せて笑顔を作ることが難しいとお悩みの方へ、最適な改善方法をご提案させていただきます。

ホワイトニング

ホワイトニングとはお茶やコーヒーによる着色、加齢による歯の黄ばみ、虫歯(神経除去)に伴う歯の黒ずみなどに対して、漂白(ブリーチング)※する処置です。

歯が白くなる大まかなメカニズムとしては、薬剤の主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素は一定温度で酸素と水に分解し、その際に発する酸素が、歯の着色物を無色透明に分解するためです。

治療自体は短期間で実施可能であり、また歯の状態次第ですが1回目から効果が現れることもあります(平均3~4回程度の通院が必要となります)

当院では自宅で行える「ホームホワイトニング」、来院して行う「オフィスホワイトニング」「ウォーキングブリーチ」の3種類をご用意しております。その他、黒ずんでしまった歯茎を健康的なピンク色に戻すための「歯茎のピーリング」処理もございます。

就業、進学の前に、ご結婚のご予定がある、接客や営業職の方へお勧めです。

ホームホワイトニング

ごご自宅で行うホワイトニング可能な処置となります。実施方法はオーダーメイドのマウスピースへ薬剤(ジェル状)を塗り、歯へ装着いたします。

尚、薬剤は用途に合わせデイタイム、ナイトタイム用の二種類から選択でき、およそ2~3週間掛けて歯が白くなっていきます。

症例

術前

術後

料金表へ

ウォーキングブリーチ(歯の内側から白くします)

他のホワイトニング処理は神経が残っている歯を漂白するため、神経除去した歯の黒ずみ(神経が無い歯は徐々に黒くなります)には効果がありません。

イラストの通り、歯の内側に薬剤を入れることにより、黒ずんでしまった歯を白くします。

症例

術前

術後

歯茎のピーリング(健康的な歯茎の色へ)

歯茎のピーリングとは、黒ずんでしまった歯茎を健康的な色合いへ再生する治療です。これは薬剤にて黒ずみの原因であるメラニン色素の粘膜へ沈着を、取り除く処置となります。

治療は薬剤を歯茎へ塗布するだけとなりますので、約10分程度で終了いたします。尚、処置後は軽い炎症が発生するため、数日の間は歯磨きを行う際にヒリヒリする場合があります(その他副作用はありません)。

長期間にわたる喫煙、また口呼吸により歯茎が黒ずんでしまった方へお勧めです。

料金表へ

オフィスホワイトニング

ホワイトニング機器を利用した処置であり、全工程を医院内で実施いたします。1度での効果が高く、また短時間(約60~90分)で行えるため、ご負担の少ない施術にて即日から実感することが可能となります。

当院では「Beyond POLUS(ビヨンドポーラス:アメリカで開発された可視光線照射によるホワイトニングシステム)」を導入しており、日本の歯科医院で実施するホワイトニングとしては、一番の導入実績を持つ機器となります。

尚、妊娠中、授乳中、小児、呼吸器の疾患、光線過敏、無カタラーゼ症の場合、ホワイトニングはできません。またその他、口腔内や身体に何かしらトラブルを抱えている方は、予めご相談ください。

症例

術前

術後

料金表へ

オフィスホワイトニングの流れ(来院から施術まで)

1.来院

ご予約された日時でご来院いただきます。(予め電話などで予約願います)

2.カウンセリング、説明

当日ホワイトニング治療が実施可能かどうか問診及び口腔内をチェックします。実施に問題ないと判断された場合、歯科衛生士からオフィスホワイトニングのご説明を行います。

3.撮影・測定

口腔内の写真を撮影し、ホワイトニングシェードガイド(歯の色見本)で歯の色を診断・測定します。

4.口腔内のクリーニング

歯の汚れや着色のクリーニングを実施し、プロテクターなどで歯肉の保護を行います。

5.ホワイトニング実施

ホワイトニング剤を塗布、光の照射(約10分)、液の除去を三回繰り返します。尚、歯の状況により照射時間が異なります。

6.仕上げ、術後の説明

歯肉保護材の除去、仕上げのための研磨実施、口腔内の写真撮影、術後の注意事項を説明します。

PAGE TOP