歯医者さんが教える!化学物質過敏症と歯の治療|世田谷区千歳烏山でおすすめの歯医者|こまい歯科

新型コロナウィルス対策について

月~土曜日まで毎日20時半まで診療

予防専用ルーム完備

訪問歯科診療対応

天然歯の保存にこだわり

お問い合わせ

マイクロスコープを用いた精密治療対応

03-5315-1188

東京都世田谷区南烏山 5-19-10 賀茂ビル2階

歯医者さんが教える!化学物質過敏症と歯の治療

投稿日:2022年4月8日

カテゴリ:ドクターズブログ

こまい歯科の小泉です。(vol318)

 

化学物質過敏症(CS(Chemical sensitivity))というのがあります。

これは、日常何気なく私達が使っている洗剤、柔軟剤、消毒薬、

芳香剤をはじめ、身の回りにあるあらゆる化学物質の何かが合わなくて、

頭痛、倦怠感、吐き気、不眠、健忘、イライラ、喉の痛み、鼻水、せき、動機、湿疹、息切れ、

目がチカチカする、喘息、アレルギー反応など

さまざまな症状を引き起こす病気です。

 

アメリカでは10人に1人がこの化学物質​​過敏症、とも言われているようです。

 

私自身、20年近い臨床経験の中で明確に該当した患者さんは3人​いらっしゃいます。

 

お話をお聞きしていると、化学物質過敏症ということで治療できない、と

断られるケースも多いようです。

 

確かに歯医者さんもいろんな種類の化学物質を使用しますので、1つ1つを検証して

使用の可否を判別しながら治療していく、というのは大変な手間暇と労力と時間が

かかってしまいますから、対応が難しくなってしまうのも無理もないかもしれません。

 

まして、当然ながら1人1人でも全く異なるわけです。

 

どうしても手探りの状態での治療となります。

 

こうなると、完全に患者さんと二人三脚で、あゆみは遅くとも一歩一歩前に進むほかないですね。

 

私もお力になれるかどうか?は、手探りなので正直なところ最初はわかりませんが、

ご相談しながら前を向いて進むしかない、と思っております。

 

実際にはもっと多くの化学物質過敏症の患者さんがいて、

ご本人が気づいていない可能性の方が高いでしょうけれど・・・。

 

お悩みの方はまずはご相談されてみてはいかがでしょうか?​

 

 

世田谷区・千歳烏山で化学物質過敏症の歯の治療をしている歯医者

をお探しの方はこまい歯科までご連絡ください。

トップへ戻る