お問い合わせはこちらまで

お電話

03-5315-1188

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

当院の特徴

痛くない、悪くないけど歯医者へ通う

世界標準の常識「痛くない、悪くないけど歯医者へ行く」ことを提案します。日本では一般的に「歯が痛くなったら」「悪くなったら」など、気になってから初めて歯医者に来られる方が大半です。

一方、他の先進諸国では歯が悪くならないよう定期的に歯医者へ通うことが常識であり予防意識が高いといえます。当院では従来の常識を捨てた新しい世界標準の通院スタイルをご提案します。

予防歯科ページへ

ゆとりある診療時間

歯医者へ通った際にご経験がある方も多いか思いますが、「予約を取り、1~2週間後に診察を受けたら5分、10分で終わってしまった」。

歯の症状などにより、短時間での治療もありますが、受診側としては「本当に診ているのか?」との疑問が湧くこともあるかといえます。

当院では患者さんが納得いただけるよう、しっかりと説明する時間及び丁寧な治療を行うため、一人30分~1時間程度の診療時間を確保するという日本では珍しい体制にて施術の安全性を高めております。

痛みの少ない治療

やはり大半の患者さんは「麻酔が痛くて怖い」という方が多いため、足が遠のくこともあるかと思われます。当院では痛みを極力感じさせないよう、次の対策を講じております。

①針のない表面麻酔を使うことで、刺さったことがわかりにくいように処置しています。
②注射針そのものも極細の針を用いています。
③麻酔液を人肌に温めることで刺激を減らしています。

また豊富な経験を元に、あらゆる方法を駆使して治療時における痛みも極力減らして安心していただけるように配慮しています。

歯を残すために

一本の歯は一生におよそ4回程度しか直せないと云われています。人生を80年と考えた場合、早い段階で繰り返し虫歯治療を行うと、歯に限界が来てしまい抜歯する可能性が高まります。

当院ではマイクロスコープを使った米国式根管治療を行い、通常では残すことが厳しい歯も、残存させる可能性を高める施術を実施しています。昨今では「マイクロスコープ」「顕微鏡歯科」をネット検索して来院される患者さんも多いです。

マイクロスコープページへ

先進機器で安心・安全な施術へ

当院では安心・安全を第一に考え、血液、唾液を介した感染症リスクを排除する為、エプロン、手術用術着などは全て使い捨て(ディスポーザブル)であり、歯を削るタービンはもちろんのことタービンバーまで都度滅菌交換しております。

尚、治療に使用した各種器具はヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスB対応の滅菌機“リサ”で完全に滅菌処理しております。

また被爆量を抑えたCT、超音波サージェリー、手術用無影灯などの先進医療機器を備えておりますので、治療面、特にインプラント手術などに必要な計測を正確に測定でき、より安心・安全な施術が可能です。

インプラントページへ

本場・米国の審美歯科技術で白い歯に

審美歯科はロサンゼルスでハリウッドスター俳優の治療も手がける
Bruce J. Clispin先生(UCLA審美歯科開設者・元教授)から直接手ほどきを受けた医師が在籍しております。

また当院には他歯科医院で過去に行われたセラミックのやり直しの依頼が多く寄せられており、経験に裏打ちされた多数の実績がございます。一緒に白くてきれいな歯を手に入れましょう。

審美歯科ページへ

集中治療のお勧め

当院は2001年に開院していらい、リピーターの患者さんがとても多いです。また世田谷という土地柄か海外への赴任される、また他県へ転勤される患者さんも少なくなく、一時的な帰国や帰省などでこちらに戻る際に数年ぶりにご連絡される患者さんもおられます。

このように時間や日が無い場合、1日に2時間以上時間を確保して治療を行う「集中治療」をお勧めしております。自費診療のみとなりますが、治療回数を大幅に減らし、早く治すことが可能です。

プライバシーにも配慮した、完全個別診療

個室ですので患者さんのプライバシーが守られます。同時にあえてドアはオープンにすることで、圧迫感がなく気軽に先生やスタッフとお話をすることができます。

また同時間の複数の患者さんを診療するのではなく、患者さん1人にドクター1人体制ですので、交差感染の心配が低く、安心・安全の診療が可能です。

丁寧なカウンセリング

お困りの内容を相談いただいた後に、各種診査にて歯、歯肉、粘膜、骨格、顎、顔、筋肉の状態を調べます。

そしてなぜ悪くなったのか、どう治療すれば良いのかを、歯科医師が一方的に決めてしまわないよう、2~3の選択肢をご提案し、それぞれの良い点、悪い点など中立的に説明いたします。

その際レントゲン、スライド、模型などでイメージし易いように配慮し、また焦って決めてしまわないようにもアドバイスしております。

PAGE TOP